くつしたわぁるど記事の一覧です

靴下の種類にも名前があるってご存知ですか?

コラム

, , , , ,

 

靴下の種類にも名前があるってご存知ですか?

靴下には丈の長さごとに細かく名前がついています。数年前になりますが、ニーハイソックスというものが流行っていましたね。ニー(knee)つまり膝より上の丈のソックスからきています。ハイソックスは、膝下位の丈のもの、クルーソックスとは、ふくらはぎ真ん中位の丈のものです。靴下業界的には長さというより、半分に折りたたんだ時に足の大きさと丈の長さが同じくらいのものが一般的な長さの靴下の丈といわれてます。その他アンクルソックスは、アンクル(くるぶし)までの靴下を指します。フットカバーは、靴下の中でも1番短いものになります。近年流行しているのは、ショートソックスです。足首くらいの長さの靴下を指します。足首をしっかりとカバーできるので、硬めの素材のスニーカーや革靴を履いたときでも、靴からちょっぴりはみ出してコーディネートしやすいのでしょう。女子高校生は、以前はハイソックスが定番でしたが、最近は、ショートソックスを見かけることが多くなりました。女子高校生といえば、1990年代後半に一世を風靡したルーズソックスの時代。そのころ、靴下業界はとっても潤っていました。靴下は丈の長さによって、見た目の印象や着脱のしやすさが変わります。シーンによって丈を考えるのいいですね。

(2024年5月8日(水)奈良新聞掲載、宇宙一靴下大好き社長のくつ下話51号より)

こんなに楽に歩ける、なんで!?

コラム

, , , , , ,

 

こんなに楽に歩ける、なんで!?

先日、シューフィッターの方々が工場見学に来社されました。シューフィッターとは「足に関する基礎知識と靴合わせの技能を持ち、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を提案する専門家」の方々です。お話をしていると「シーンに合わせ、楽に歩いてほしい」というエコノレッグと同じ志を持っているように思いました。足と靴、そして靴下の重要性をお互い感じており、靴も靴下も奥が深い。日頃から自分に合った靴を履くことは、健康のためにもとても大切なことだと思いました。そして靴にあった靴下があれば、さらに歩き方が変わるはずです。例えば登山のときに足を守るために登山用の足に合った靴が必要です。ただ、靴の中でちょっと足が動くことが気になります。このズレが、疲れの原因にもなります。そんな靴と足の間で踏ん張りを支えてくれるのが、靴下です。また履いた靴下の通気性が悪ければ、蒸れが気になります。足を守る靴も靴下も、機能性の高いものがあると、道中の心強い味方となってくれそうです。「こんなに楽に歩ける、なんで!?」といわれると思わずニヤリとしてしまいます。靴と靴下との関係、今後も一緒に考えていきたいですね。

(2024年6月12日(水)奈良新聞掲載、宇宙一靴下大好き社長のくつ下話53号より)

「夏の登山用靴下」ってどのように選んでいますか?

コラム

, , , , , , , , , , ,

 

「夏の登山用靴下」ってどのように選んでいますか?

富士山の山開きの話をニュースで見ましたが、山開きは、一般的には3~7月、なかでも5月末~7月に山開きするところが多く、この時期に本格的な登山シーズンがスタート。「事故をなくし、安全に登山できるように」ということで、山開きの日程が決まっているようです。これから梅雨が開けて夏本番、タウンユースでは涼やかな綿や麻素材の薄手の靴下を履かれていると思いますが、登山ではしっかりとした基準で選んで欲しいです。当たり前ですが、登山では長い距離を何時間もかけて歩きます。もし靴下選びを間違えると足のトラブルに見舞われます。そこで意識してほしいのが、足と靴下との「フィット感」。登山靴との「フィット感」はだいじょうぶでしょうか。また、登山者にとって大敵となる「蒸れ」を防ぐために素材選びも重要です。エコノレッグは、吸汗速乾性のあるウール素材と強度のあるラミー(麻)の混合素材、これにより蒸れにくく心地よい状態を保てます。登山中はたくさんの汗をかくため、足が蒸れたり濡れたりします。足を守るには「分厚い生地」も必要。厚手で「通気性」と「速乾性」に優れたものがおすすめ。そして靴と足を「一体化」させる機能があればいいですね。(2024年7月10日(水)奈良新聞連載 宇宙一靴下大好き社長のくつ下話55号より)

靴の中で靴下が脱げるのはなぜ?

コラム

, , , , , , , ,

 

靴の中で靴下が脱げるのはなぜ?

歩いているとき、いつの間にか靴下がズレたり、ひどいときは靴の中で脱げてしまうことありませんか?人が歩くときつま先で蹴り出すため、どうしても足の前側に体重がかかります。そのため、足の後ろにあるかかとが浮いて靴下が脱げやすくなります。「靴や靴下のサイズが合っていない」「歩き方の重心が偏っている」また靴下は靴の動きに引っ張られて脱げてしまうと考えられます。私は、かかとから脱げてしまうのは靴下の機能を果たしてないと常日頃思っていて、かかとから靴下が脱げないような工夫を考えました。
特許技術の「ダブルヒールロック」。ヒールロックは ヒール=踵をロック 固めるテーピング手法です。かかとの上部とその上の口ゴム部にW(ダブル)にテーピング編みを行うことで今まで以上に伸び難くしています。これにより靴のかかととの擦れから靴下が脱げてくるのを防ぎ、引き下ろされにくくする編み方です。靴下のタイプによって強くしたり、弱くしたりもしています。
これからも「なぜ」からはじまる疑問を解決してまいります。そして、大好きな靴下への探求心はやむことはないでしょう。(2024年6月26日(水)奈良新聞連載 宇宙一靴下大好き社長のくつ下話54号より)

FMやテレビで発信

コラム

, , , ,

 

FMやテレビで発信

FMヤマトで放送中の「くつしたわぁるど」が放送100回を迎えました!2021年2月に開局された大和高田市のコミュニティFMで、私は当初より靴下の番組を担当しています。
オンエアは毎月第2、4水曜日の午後1時~同54分。靴下で1時間近く語れるのかと思いつつ、奈良の地場産業の面白さを伝えようと、放送100回目となりました。FMヤマトのスタッフさんや地元の皆さん、リスナーの方々のおかげでここまで来られたように思います。
健康を大きく左右するのが「足」。その「足」を守っているのが靴下。その靴下のさまざまな情報をこれからも発信していきます。
毎日当たり前のように履く靴下で何ができるか挑戦ですね。日々の暮らしの中に結構ネタがあって私の方も楽しくなっています。
靴下で足がちょっと楽になれば一日の終わりも変わります。これからも、靴下を変えるだけでこんなに違うのかと思ってもらえるような商品を開発していきます。
おかげさまで、先日もテレビ番組「探検ファクトリー『足の悩みに応える高機能くつ下次々と開発している工場!』」で当社の工場が紹介されました。これからもいろいろな情報を発していきますので、応援よろしくお願いします。(宇宙一靴下大好き社長の<つ下話41)

ページトップへ
OEM・企画開発のお問い合わせはこちら