くつ下感謝祭記事の一覧です

日本で最初の靴下は誰が履いていたかご存じですか?

コラム

, , , , , , ,

 

日本で最初の靴下は誰が履いていたかご存じですか?

人類が立って歩くようになったのは、今から360万年前といわれています。1991年にアルプスの氷河で発見された5300年前の「アイスマン」と呼ばれるミイラ。その足にはクマやシカの皮製の靴を履き、中に詰められていた干し草が、靴下の機能を持っていたのではないかといわれています。
当時から、保温性・衝撃緩和の役目を持っていたのですね。現在のように、機械で靴下を作るようになったのは16世紀の終わりごろで、それまでは編み棒を使って手で編んでいたそうです。
日本では5世紀ごろ、絹などを縫い合わせて作った「襪(しとうず)」と呼ばれる布製の履物が中国から伝わりました。この「襪」が「足袋」の原型とも言えそうです。日本で発見された最古の靴下は、なんとあの水戸黄門こと徳川光圀の持ち物だったそうです!
光圀は好奇心旺盛な性格で、日本人で最初に靴下を履いたのも彼だった、とも考えられています。あの黄門さまが、新しいもの好きだったというのも意外です。これは輸入品といわれていますが詳細は不明。今その靴下は、「トーハク」の愛称で親しまれる東京上野の国立博物館に所蔵されているそうです。(宇宙一靴下大好き社長の<つ下話37)

 

くつ下感謝祭で地場産業に力を!

コラム

, , ,

 

くつ下感謝祭で地場産業に力を!

大和高田市は靴下生産日本一。外からは見えにくい靴下工場を地域の皆さんに開放し、このまちのモノづくりを知ってもらおう!という思いで「くつ下感謝祭」を年2回開催しています。
今回もいろいろ企画を考え、普段、直接お客さまの声を聞くことがないスタッフたちも、この日は慣れないレジをしたり、地域の皆さんとお話ししたり、社内の活性化にもつながっています。いつも通りの靴下販売はもちろん(掘り出し物もありますよ!)、春に続き2回目の工場見学、靴下わっかの手編み教室、ランニングセミナーも開催予定(時間はホームペー
ジでご確認ください)。
会社のクレド(社員が心掛ける行動指針)に「ひとりで考えるより、チームで考える」「仲間を信じる」とあるのですが、いろいろなイベントは、3カ月前から企画の打ち合わせが行われ、実現しました。秋の開催日は、「くつしたの日」です。11月11日は靴下工場内で笑顔と歓声が響き、にぎわいそうですね。
【くつしたの日】靴下は左右がペアとなってその役割を担い、2足並べた時の形が「11 11」に見えることから、日本靴下協会が制定。秋の「くつ下感謝祭」は、2023年11月11日と12日の午前9時~午後4時に開催します。(宇宙一靴下大好き社長のくつ下話39)

 

ページトップへ
OEM・企画開発のお問い合わせはこちら